中の人「ma-san」

東京・千葉でホームページを作るお仕事をしています。

お仕事の詳細はこちら

「NHK連続テレビ小説 舞いあがれ!」 子どもたちに教えるべき5つの教訓

NHK連続テレビ小説 「舞いあがれ!」 子どもたちに教えるべき5つの教訓 LIFE

「NHK連続テレビ小説 舞いあがれ!」は、逆境に立ち向かいながら絆や横のつながりを大切にする主人公たちの成長物語です。主人公の舞は幼い頃からあらゆる逆境に立たされながらも周囲の人々の助力もありながら、前向きな想いと家族・友人・仲間たちとのつながりによってたくさんの小さな夢を叶えながら大きな夢に向かっていく物語。今回は、このドラマを子どもたちと観て、どのように教育に活かせるかを考えてみました。

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』
ヒロインは福原遥!向かい風を受けてこそ、高く飛べる!空を見上げて飛ぶことをあきらめないヒロインの物語を通して、明るい未来への希望を届けます!

1. 困難を乗り越える力を育む

子どもたちには、物語の登場人物たちが抱える逆境や困難を乗り越える力を育むことが大切です。ドラマでは、主人公たちが困難な状況に立ち向かい、時には失敗しながらも前進し続ける姿が描かれています。子どもたちにこの姿を見せることで、自分も困難に立ち向かう勇気を持つことができるようになるでしょう。

2. 絆や横のつながりの大切さを学ぶ

ドラマの中では、主人公たちが絆や横のつながりを大切にして、互いに支え合いながら成長していく様子が描かれています。子どもたちにこの姿を見せることで、友達や家族との絆を大切にし、互いに助け合う心を育むことができるでしょう。

3. 努力と実績の価値を理解する

ドラマでは、主人公たちがこれまで積み上げてきた努力や実績が、未来につながっていく様子が描かれています。子どもたちには、努力の大切さや実績が自分の未来にどのように影響するのかを理解させることが重要です。

4. DAO(分散型自治組織)の概念を学ぶ

物語は、DAO(分散型自治組織)を表現しています。子どもたちにこの概念を学ばせることで、新しいビジネスモデルや社会システムについて理解を深めることができます。
小さなコミュニティから横のつながりを用いて問題を解決したりしていく積み重ねは未来につながっていく、そんなことを学べます。

5. 視野を広げる力を養う

「舞いあがれ!」は、様々な登場人物がそれぞれの視点や考え方を持っている物語です。子どもたちにこのドラマを見せることで、異なる考え方や価値観を理解し、自分の視野を広げる力を養うことができます。

まとめ

「NHK連続テレビ小説 舞いあがれ!」は、逆境に立ち向かいながらも絆や横のつながりを大切にする主人公たちの物語です。このドラマを子どもたちと一緒に観ることで、困難を乗り越える力、絆や横のつながりの大切さ、努力と実績の価値、DAO(分散型自治組織)の概念、そして視野を広げる力を育むことができました。

舞いあがれ!の物語は、主人公・舞が、苦境に立たされた家族・友人・仲間たちと共に未来への道を切り開いていくストーリーです。舞が過去に築いた実績や信頼が、新たなチャレンジの基盤となり、様々な人たちとの出会いや絆が彼女たちの成長を促します。

視聴者にとっても、子どもたちにとっても、このドラマは多くの教訓を教えてくれる素晴らしい作品です。ぜひ、家族で楽しみながら、子どもたちにも価値ある教えを伝えていきましょう。

           

お仕事・当サイトへ興味を持っていただいた方
お問い合わせはこちらから

ma-san(鈴木正行)
テクニカルディレクター / Webデザイナー

「ma-san」の中の人。東京都・千葉県・宮城県仙台市を中心に企業のWebデザイン/マーケティング/IT戦略のプランニングからWebサイト構築・運用をしています。
「Webサステナビリティ・Webアクセシビリティ」を中心に、「変わりゆくWebと共にサービス・サイトを改善していくこと」を重視します。
当サイトではお仕事のご相談からナレッジシェアを中心に活動していきます。

LIFE
スポンサーリンク
シェアする
ma-sanをフォローする
ma-san blog
タイトルとURLをコピーしました