【Webサイト構築】コーダーがよく遭遇する罠

コーディングなうエンカウントしたくない!!

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「コーダー」の味方、ma-sanです。

コーダー(プログラマー)として案件にアサインされた方、ディレクターやプロデューサーからこんなことを言われたら要注意、というものをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

本日はかんたんにまとめたいと思います(いつも前置きが長すぎ、と言われたので)

というわけで本日のお話です。

1.フルリニューアル!だけど昔のファイルは活かしてね

  • 既存ファイル同士のコンフリクト、及び調整作業が発生
  • 影響範囲の調査はマスト
  • 調査をするスケジュールを確保するべし
  • ライブラリの重複が発生する可能性
  • ライブラリを削除したら動かないプラグインがある可能性
  • 解析タグの不整合を防ぐ必要性
  • API、CDN、各種モジュール、フォーム周りに要注意

2.トップのデザイン終わったから下層ページは「よしなに」やっておいて

  • 要件の不明確、および定義するための工数が見積もられていない
  • Webサイトにおけるメインは「トップ」ではなく「コンテンツ」
  • トップのパーツは大体使い回しができない
  • 最初にコンテンツの要となるページのコーディングからやらせろ
  • 「よしなに」は大体エンジニアにとって良しではなくDirの良しである

3.既存サイトからJSを流用しといて

  • ライブラリ・プラグインが盛りだくさんの場合がほとんど
  • どれを使ってるのか、使ってないかの判断ができない
  • 想定していたライブラリが使えない場合が発生
  • 解析タグ系には要注意
  • APIやajax周りの引き継ぎ要注意

4.このサイトを参考にして作って

  • この場合は大体ぶん投げだから要注意。再現性が低い
  • 機能要件が洗い出されていないため、エンジニアが頑張ることが多い
  • 参考にする時間がスケジュールに含まれていない
  • 最後の最後に仕様確認するエンジニアは殺されても文句言えない
  • 機能を洗い出そう

5.効率化を図るために◯◯というライブラリを使います

  • そのライブラリを使って、なんらかの不具合が出た時に改修できます?
  • どんな機能があるのか把握してますか?
  • クライアントとの合意をとる、説明できますか?
  • 大体がボリュームが多く、内容も充実してるけど整理できますか?
  • 使ってないコードがそのままにしている場合も多数ある。

まとめ

  • 運用はベストプラクティスではなくベターに
  • デザインファーストで考え、どう変わるのかを考える
  • コーディングは事前準備が要、実際のコーディングはおまけ(できて当然)
  • 品質に関わることが不明確であれば、不明点を「殺す」
  • 聞いてないからやらない、できない、は「殺される」
  • クライアント・案件ごとのガイドラインに準拠してチェックすること

なんだかいろいろ細かいのは下記のスプレッドシートにまとめてます

Web制作構築案件用ディレクションセット(ma-san.org)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1mU4iyGB9mCBb14x1ZCCBi_jAUj094U0Jga87yVzy_Wk/edit

  • 当ファイルは作成者による「ナレッジシェア」であり、情報の正確性や品質を保証するものではありません。
  • 当ファイルはma-sanが所属する企業の資料を公開しているのではなく、ma-sanが作成した資料を個人制作のデータとして連携しています。
  • 当ファイル及びデータを利用及び参考するにあたって発生した問題について責任を負うものではありません。
  • 当ファイルについての質問及び要望は受け付けておりません。



あわせて読みたい