【仙台牛&寿司食べ放題 若林源三】サブスクリプション型サービスは得か否かで使うものではないって話

肉寿司・キャビア・うに(雲丹)・いくら腹いっぱい食べられるぜ!!

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「肉好き」の味方、ma-sanです。

まず、サブスクリプション型サービスとはなにか、という話をすると「料金を払うことで一定期間、提供されたサービスを受けることができるサービス」のことを言います。

最近では「牛角」が提供し、停止してしまったサービスでもあります。

牛角、焼き肉の定額制食べ放題を販売終了 外食サブスクの難しさ
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00100/010800001/

サブスクリプション型サービスは難しい反面、「お得を全面に押し出すと破綻する傾向」が見受けられます。
牛角で一食3000円程度だとして、何回行けば得する、という計算をしやすい飲食店はなかなか厳しいと思う反面、同じようにサブスクリプション型サービスを提供している焼肉店で利用してみることにしました。

仙台牛大トロ月額15,129円(税込)です。
※2020年2月22日現在。

仙台牛&寿司食べ放題 若林源三 利府ペアガーデン店
https://wakabayashigenzo.owst.jp/

そして利用してみた感想としては、普通に良いんじゃない?です。
ただ、得かどうかは別で、このサブスクリプション型サービスについて考えさせられました。
※店名がキャプテン翼を思い出すんですが、美味しい仙台牛が食べられるお店でサッカーなどは一切関係ないです。。

仙台牛特上定期的に仙台牛が食べられると考えると、極普通かなと思うことと、焼き肉以外にも多種多様な食べ物があるので、飽きも来にくいです。
一人暮らしだったり、家族と定期的に来れるような方々にだったら、「定額で飲食できるサービス」「栄養満点の料理を提供してもらえる」「幼児は無料、小学生は半額」だったりするので、お子さん連れにも良いかもですね。

仙台牛希少部位サブスクリプション型サービスというのは、得するためのサービスではなくって「生活にどれだけマッチするか」「日常生活にどれだけハマるか」がかなり重要です。ただ得したい、という行動原理の場合はなかなか難しいサービス体系なのかなと。

カニも食べられるこのサブスクリプション型サービスの重要性は「汎用性が高い」ということが重要で、若林源三の場合は焼き肉だけではなく「寿司」だったり「サラダ」だったり120種類の飲食が可能なので、かなり楽です。
たくさん種類があり、なおかつ飲食が可能で、子供たちも連れてくることができて、良いことまみれではないでしょうか。
特に、外食が多い方、家で調理する時間がない方なんかにも良さそうです。

大トロは2枚くらい焼くと火事になりかける

大トロは2枚くらい焼くと火事になりかける

デメリットとしては、正直料金が「ちょっと高い」程度ですが、それが良いと思います。安い場合、大勢が押し寄せて、経営破綻しやすいので「安ければいい!」という消費者層はこのサブスクリプション型サービスは明らかに辛いです。
それ以外は特にないですね。

大トロ・特上・希少部位同時今後もこの手のサブスクリプション型サービスは増えていきそうですが、飲食以外でもWeb制作系やコンサル関連でも結構増えてきてますよね。
オンラインサロンなんかもそうです。
商品を提供する、以外のオンラインサービスとの相性が抜群のこのサブスクリプション型サービス。

商品ではなく、オンライン上のサービス提供は「信頼と実績」が成立させることと、利用者側の「日常に溶け込んでる」こと。

そんなわけで僕もこの形で副業をしているのですが、「制作する」というサービス提供は「やめとけばよかったwww」と思って再考中です。僕みたいな弱小副業マンを頼ってくれる方は少ないので、注力できることが救いです。
制作より、相談事とかが多いので、そちらにシフトしようかなと思ってる最中なので、お仕事をいただける方や身近な方にはお話しようと思ってます。

よろしくおねがいしまーす。



あわせて読みたい