コロナウィルスやオリンピックをきっかけに、いまこそテレワーク実施するとき


テレワークが可能な業界が今後、人気になりますよね。つまりWeb、IT業界。

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「テレワークを考える人」の味方、ma-sanです。

テレワークについては東京オリンピックを見据え、計画的に実施をしてきた企業も多いと思いますが、テレワークっていまの世の中、特にWeb業界においてはデメリットがほとんどないんですよね。
むしろ、テレワークを実施できないWeb制作会社やIT業界の企業はこれから淘汰されていくんでしょうね。

顔合わせのMTGはほとんど意味ないですし、実際にテレワークを実施することで得られるのは「時間」です。

更に行ってしまえば、「会社に出社することが仕事と勘違いしているような、時間を潰すという方々」が淘汰されていきますよね。

IT業界で言えば、下記のような状態です。

・デザイナー、プログラマーも家で仕事ができるノートPCが一般的且つ低コストに
・クラウド環境が充実、インフラ周りも各家庭ごとの水準が充実
・実際の利益率が大幅に下る、ということはなく工夫次第。それこそIT業界の腕の見せ所
・カメラ、もしくは音声通話がかんたんに可能になった
・タスク管理サービスも充実しているため、問題なし
・資料制作なんかはスマートフォンでも十分可能

あれ?そうなるとわざわざ出社する意味がなくなってきましたね。
なんでしたら、こんかいのコロナウィルスやオリンピックをきっかけに、多くの方々が「出社することによる時間の無駄遣い」に気が付き始める気がします。

そして、実は副業を始めてる方々のほとんどがこの価値に気が付き、自宅で仕事を可能にしている方々も多いですね。

そういう意味では、副業を考えてる人、プログラミングを学んだり、デザインを学ぶ方々は「Web上でできる仕事」を考えたほうがいいです。

先日紹介した「Googleドライブ」を筆頭に、世の中には便利なものが溢れてますよ。

Webサイト制作・プログラミングを学ぶならGoogleのサービスを全力で使いまくろう



あわせて読みたい