とあるWebデザイナーがバレンタインデーをハックするお話

ついにきたな、この日が……。

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「モテない男子」の味方、ma-sanです。

2月に入ったとき、僕はある真実に気づきました。
バレンタインデーまでのカウントダウンが始まる最中です。

Web制作におけるプロジェクト計画書の重要性を同僚に説いてるときに、天命の如く、それは「降りて」きました。

35歳にして、僕はついに真理とも言える重大な事実に気がついたのです。

それは女性からチョコをもらえるか決定するのは2/14ではなく

実際はその日までの行いで決まるんです!

義理チョコならいつでも会える女性陣たちがバレンタインデーの相談をしてる、みたいな事があるでしょうし、本命チョコならば女の子から14日の予定をそれとなく聞かれたりするものです。

つまりバレンタインデー自体は大して重要では無い。

Web業界に限らず、みなさん思い返してください。
なにかを成し遂げるとき、本番当日に成果を上げることは可能でしょうか?
日頃の鍛錬、計画、試行錯誤からなる私達大人の成果というものは「プロセス」「自分にできることを如何に実施しているか」というところに心血を注いでるかに尽きるのです。

バレンタインデー自体はそれ以前の事象の結果に過ぎない。
愚かな男共はバレンタインデー当日、つまりは2月14日にとらわれるあまりに、気がついていない。
なんだったら旧暦2月14日が平将門の命日だということすら知りません。

――すでに決戦は始まっている。

思わず笑いがこみ上げてきます。
桶狭間の戦い、今川義元の居場所の伝令を聞いた織田信長もこんな気分だったと思います。
iPhoneの実現が具体化したときのスティーブ・ジョブズも同じ心境だったでしょう。

もう笑いが止まりません。
勝ち戦とはこんなにも人の心にゆとりを作るものなんですね。

というわけで自分の日頃の行いを振り返ってみます。

朝:子どもたち(愚かな男たち)の弁当を作りつつ朝ごはんを作る。洗濯物や洗い物を終わらせる。
昼:仕事。おっさんたちと談笑。
夕:仕事。おっさんたちにキレる。
夜:帰って子供たちに晩ごはん作って食わせて掃除して風呂入って、仕事と勉強をして寝る。

僕、日頃女性とお話していません。

やばい、これはやばい……。

情報戦では完璧に勝てる要因が揃ったはずなのに、肝心要のライフラインの目処が立ちません。
こんな貴重な情報をせっかくバレンタインデー当日まで温存していたのに、全く活かせません。

終わった、俺のバレンタインデー、\(^o^)/オワタ

そして職場では淡々の時間だけが過ぎていきます。


そう思っていたとき、天才の僕は職場にてあることをひらめきます。

自称、投資の天才でもある僕です。

モテない、という事実を覆せないのであれば、もうチョコをもらうのは諦めます。

チョコを配る側に回れば良いのです。

見てろよ、モテナイなりの、投資術を……!!

ここから先は女性にとってとても有益なものになります。
幸いにも今日は平日、つまり土日、なんだったらロスタイムとして休み明けの2月17日があります。

他の情報商材なんかに書いてあるような収入の増やし方より、よほど「安価」「手軽」「騙されない」という素晴らしい手法です。
やる気次第では投資が数倍から数十倍に膨れ上がるのも可能です。

やり方は簡単

バレンタインデーのチョコとして、一箱1000〜2000円程度のチョコレートを渡すだけ

  • 渡す前は気にかけた素振りを見せておく
  • 出来合の製品でもかまいませんが、本命感を匂わすためにハート型やリボン付属のものにしてあげる
  • 投資後の一ヶ月間はアフターケアを欠かさない

これらを実施すれば一ヶ月後の3月14日には、あなたは何倍にも膨れ上がった利益を手にしているはずです。

年齢に関係なく、誰にでも実施可能な投資なので手を出しやすく、またローリスクなのも非常に魅力的です。

まぁ、その当日以降になにがあっても当方の責任は一切負いません。


そんなわけで、冗談はほどほどにしてプロジェクトというものは計画も大事ということはもちろんですが、絶対に達成するぞ、という意思を持つためには「熱量を持った目的」が必要です。
そこに感情移入ができなければ、目的の達成も計画実施すらままならないでしょう。

僕と一緒にWeb制作のプロジェクトを考えたい、という方は下記を参考にした上でSNSでもなんでもいいのでお問い合わせください。

Web制作における炎上知らずのプロジェクト計画書の作り方について

追伸:

チョコレートケーキ

チョコをもらえないなら自分で作ればいいのよ。



あわせて読みたい