仙台麺活がサラッと伸びた戦略とちょっとした小話について

ラーメン食べたい。

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「ラーメン好き」の味方、ma-sanです。

みなさん、ラーメンは好きですか?
僕は最近嫌いになりつつあります。なぜなら、毎日食べられないからです。

にくい、毎日一緒にいてくれたのに、いまはちょっとあたいを弄んだら離れるあいつがにくい。

というわけで、過去にさかのぼってみると一部の方はご存知かもしれませんが、仙台麺活、というサイトを立ち上げていました。

それなりのPV、セッションなどを踏まえても結構いい感じの出来でして、Webサイトを立ち上げて50店舗くらい一気に更新していったときは平均PV8.0(というか、作り的にそうなってたんですが)みたいな感じでこれまた計算通りに運用できたWebサイトでした。

これはシンプルに、僕が「ラーメンが好き」という熱量がこのWebサイトに反映されていたからでしょう。
いまでこそ2〜3日に一回しか食べなくなりましたが、以前は毎日、ほぼ毎食のように麺類を食べてました。

うん、頭おかしい。

また、ラーメンを食べたという記録、ログではなくって「仙台の美味しいラーメンを紹介する」というシンプルだけど意外とないコンセプト設計で運用しました。
「おいしくないなぁ」とか「いまいちだなぁ」と思ったラーメンは一切アップしませんでした。
なお、食べたという記録という意味ではInstagramにアップしてました。

Instagram
https://www.instagram.com/ma_san/

んで、当時ちょっとおもしろいことが何回かあったのですが、そのうちの一つが「写真転用事件」です。

正直、個人のブログやWebサイト、Twitterなどに転用されるのはどうでもよかったのですが、なんか変なところからアクセスがあるなぁ、とアクセスログをさかのぼったら僕のWebサイトから直リンクで画像を転用していた「○○なび」さんというところがあり、自社サービスでラーメン店を紹介する際に僕が撮っていた写真を、直リンクで貼り付けていたんですね。

専門用語だとわかりにくいかもしれませんが、僕のWebサイトを設置しているサーバーという、お家に飾ってある写真を無断で、自分の家に飾る行為、といえば良いのでしょうか?ちょっと例がわかりにくいですが、まぁかんたんに言ってしまえば他人が「自分で撮ったよ〜!」と言って自分の家に飾っていたのです。

色々なラーメン店の情報を調べたりするのも趣味だったので、たまたま見かけたとき「あれ?この撮り方と補正のかけ方って僕と似てるなぁ、プロも同じような構図なんだなぁ。って俺のやないかいっ!!」ってなりました。

Photoshopを立ち上げて、差分チェック。

リアルに「完全に一致」と言ってしまった。

でもまぁ、そもそもラーメン自体はお店が提供するものなので、なんだったら僕も盗撮とか言われても仕方ない気がしましたが、それ、商業レベルでやっちゃう?ってなってさっそく対象Webサービスからお問い合わせ。

原文ママだと「つい、良い写真を見つけて使用してしまいました」と言われたくらいでお互いそれ以上深追いせず、終了。

後々見たら、なぜかイラストに差し替えられていた、、、なんでだよ。

自分でWebサイトを運用していると、結構いろいろな出来事があって楽しいのでおすすめです。
あ、でも最近はブログよりもYoutubeのほうが主流なのかな。。。

なお、仙台麺活が閉鎖した理由は下記の通り。
https://ma-san.org/473



あわせて読みたい