【副業】まだ初めてない人へ。得意分野をひたすら伸ばすのはスペシャリストとゼネラリストを担うということ。

スペシャリストとゼネラリスト
あなたにとって得意分野はなんですか?僕はWebアクセシビリティ思考に基づいたストーリー実現能力!

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中のエンタメ好きの味方、ma-sanです。

得意分野というものは他者から与えられるものではなく、世の中に提示されているものでもないというのが現実です。

というわけで本日のお話です。

1.自分のできることを磨く

僕はイラストが描けません。複雑なアート的な作品も作れません。
パッと見で「いいね!」と相手を唸らせるようなグラフィックデザインを生み出すスキルもありません。
にもかかわらず、Webデザイナーとして10年以上、お仕事を続けていられています。
いまでは資産運用に手を回し、それなりに余裕を持った生活ができるようになってきて、自分の時間を様々な形で投資に使うようにしています。
本業で朝から夕方まで束縛されているのに、どうやったの?という疑問の声をたまにいただきます。
極端に言えば、自分にできることを一生懸命続けて、インプットとアウトプットを欠かさずにしてきたからです。
その中で、副業だったり、投資だったり、自分の時間で自分でできることを続けている、という状況ですね。

僕がWebデザイナーとして働き始めた20年程前は、Macromedia(すでにAdobe社に吸収されましたが)が開発したFlashの全盛期で、ごりごりなインタラクション、インパクト重視でとにかく面白い!というWebサイトがもてはやされました。
アニメーションとゲーム性あふれるWebサイトが、大企業でも実装しまくり、ユーザーが軽く、アクセスしやすく、というよりも、そう、テレビ業界のような見た目とインパクトと面白さを重視したものでした。
僕はFlashがきっかけでこの業界に入ってきて、ごりごりに動くモーショントゥイーンとアイディアと、そして実現能力の高さで当時は本当にもてはやされました。
しかし、Flashを作りながら「ただ面白いだけのコンテンツを、金融業界やライフラインを担うような企業が配信していていいのか?」と疑問に思い始め、そこで次の得意分野であったHTMLコーディングを極めようと思いました。当時はCSSによるきれいなWebサイトの実現が難しく(ブラウザがそもそも対応しきれていなかった。CSS2ですら)、いまの20代はもはや聞いたこともないであろう「テーブルコーディング」を駆逐しよう、と提案をし続けました。

いまでこそ嘘みたいな話ですが、その時代で当たり前のことに自分から疑問を持ち、「Webってこうだよね!」とストーリーを決め、ひたすらに磨き続け、周りに「マークアップって大事だよ!」と言い続けたのです。

当時はわかりやすくSEOの効果がでてしまいましたが、いまでこそマークアップというものはフロントエンドエンジニアによって品質を担保されるような時代になり、僕が知っていたころとはまた違った形になっていきました。

そして、僕が当時から疑問に思っていたこと、自分にできるストーリーとして「Webアクセシビリティの実現」であると定義つけています。

2.スペシャリストとして、イメージしやすいキャラ作り

どの業界も結局は弱肉強食、その中でも圧倒的な強者であったFlashデザイナーは一転、iPhoneを筆頭に「Flashはノンアクセシブルでありリスクが高いものである」と切り捨てられたことをきっかけに一瞬にして淘汰されました。
そこで、僕はその自体から弱者というポジションであったマークアップエンジニアという肩書をなんとか勝てるように、とコーディング請負の会社に勤めることにし、内容の整備など理想的なワークフローなどをやろうとしましたが、結局はそれも別なスキルが必要であり、自分の理想を押し付けるような形になったり、勝ったり負けたりを繰り返してきました。
当時から提唱していたのは、「ストーリー性をもったWebサイト」です。
特に、あらゆる企業にはストーリーが存在し、それは今もなお続いています。

ストーリーを面白くする要素は「世界観」だったり「キャラクター」だったり、「テーマ」だったりします。

もっとも重要なのは、「ユーザーストーリー」と考え、ストーリーを歩むにはアクセシブルなWebサイトでなければならない、と定義しています。

ストーリーとアクセシビリティ、という言葉を使い続けることによって、仕事仲間でも、取引先相手でも「アクセシビリティを大事にするWebデザイナー」として認識させることが可能となりました。
そして、アクセシビリティという言葉に反応していただける方々と、一緒にストーリーを作っていきましょう。
そんな活動を続けています。

ようやく、言語化できてきましたが最近では「Webサイトのストーリー」を提案することが多いです。
取引先企業のサービスを利用することで、どんなストーリーが待ち受けているか。
UXプロセスなどのカスタマージャーニーマップなど、様々な手法があり、その手法のあるべき論はもはや巷にあふれています。

自分自身がもっとも納得が行く、自分のスペシャリストとしてのキャラクターを相手に伝えるということ、そしてそれを実現するという能力が重要であると僕は考えます。

3.ゼネラリスト的な視点を持つ

スペシャリストとして得意分野を磨き続ける。その姿勢を意識しながらもWebデザイナーとして成功するために忘れてはならない大事な感覚があります。
それはゼネラリストとしてのバランス感覚です。
スペシャリストを扱うのはゼネラリストです。企業内においては、役職がトップに近いほど状況を多面的に認識できるゼネラリストでなくてはなりません。
そして、このことはWebデザインに限らず、ディレクションからエンジニアリング、営業から経理などをこなさなければならないフリーランス、副業などを行う人にもあてはまります。
つまり、スペシャリストという側面を持ちながら、自分自身を管理するためにもゼネラリストとしての感覚を持つ必要があるのです。

ここが、副業やフリーランスに踏み切れる人と踏み切れない人の決定的な違いでもある、と考えます。

ゼネラリスト的な視点で相手の要望や時代の流れを読み、スペシャリストにありがちな「お披露目体質」、つまりは良いものを作ればいいのだ、という感覚に陥らないようにバランスを取ることが大事です。

専門分野の細分化が進む現代。場面場面、臨機応変にスペシャリティを発揮できる、ゼネラリストのニーズが異常と言ってもいいくらい高いのはここです。
Web制作において、コーディングしかできません、デザインしかできません、という人がひたすらに安請け扱いされてしまうのは、このゼネラリストとしての能力を伸ばさないことによるものでしょう。
スペシャリストとしての自分を、ゼネラリストとして最大限に活かす。

これが副業で生きていき、他者に食い物にされないための大前提となる戦略だと僕は考えます。

まとめ

副業、と一言で言えばちょっといい響き、と思われがちですが、会社員がやりたがらない「ゼネラリスト」の領域は絶対的に必要です。
自分自身を律する立場になり、スペシャリストとしての自分を使い倒す。
副業やりたい、という方が多いので僕の基本的な考えを書いておきました。

というわけで僕にできることは下記にだいたいまとめています。
参考までにどうぞ。

とあるWeb制作会社でディレクションをするときに使う、自家製の資料を連携します



あわせて読みたい