【個人的な効果】眠れないときはメラトニンを飲むと一発で眠れる

メラトニンサプリメント

日本国内では販売してないメラトニン


3ヶ月ほど飲んでるけど今の所まったく副作用もなし!!

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の眠れぬ子羊の味方、ma-sanです。

今日は僕が普段使いしているサプリ「メラトニン」のご紹介です。
試してみる!という方は自己責任でお願いします。

というわけで本日のお話です。

1.眠れない、という状況

眠れない、ってしんどいですよね。
僕はよく悩み事とか、仕事で疲れてるのに、とかいろいろ抱え込んだ状態だと眠れなくなったりします。
眠れないので、ついついいろんなことをして眠れるまで、と思って活動してると一睡もできず、そのまま出社、なんてザラにありました。
それが2019年5〜6月くらいでしょうか。
眠れないのってきついぜ!!!

そして当然ながら集中力も体力も低下して、眠れないのに身動きが取れない、という状況に陥ります。しんど。

というわけで睡眠導入剤を実際にお医者さまから処方していただいて、さっそく飲む。

んだけどさぁ、、、。これが強いのなんの。副作用で記憶吹っ飛ぶとか変な行動取ったりとかしちゃってまったく合わない続きだったんですよね。
寝れれば良いってわけじゃないっつーの。
※色々事情が発生しやすいので、薬名は控えます。

2.メラトニンとは

wikiにめっちゃ書いてありますが「効果はあるかわかんない!」という曖昧ながらも国によってはサプリメントとして販売されていたりします。
睡眠導入として効果がある、気がするてきなことが書いてありますがそれもまた確約はされていません。
そのためか、日本ではそもそも販売されていません。
また、様々な副作用の可能性も提示され、フランスなどでは摂取しないように特定層に向けて発信されていたりします。

メラトニン(英: Melatonin)は、動物、植物、微生物に存在するホルモンであり、また化学的にN-アセチル-5-メトキシトリプタミン(N-acetyl-5-methoxytryptamine)として知られる。動物では、メラトニンの血中濃度は1日の周期で変化しており、それぞれの生物学的な機能における概日リズムによる同調を行っている。
メラトニンによる多くの生物学的な効果は、メラトニン受容体(英語版)の活性を通して生成され、他にも広範囲にわたる強力な抗酸化物質としての役割によって特に核DNAやミトコンドリアDNAを保護する。
ヒトにおける長期的な外因的な補給による完全な影響は、まだ判明していない。
メラトニンはアメリカ食品医薬品局(FDA)によってサプリメントに分類されており、医薬品ではない。メラトニンの徐放剤は、2007年に欧州医薬品庁によって55歳以上の人々に対して処方せん医薬品として承認されたが、小さな効果しか示していない。またオーストラリアでは2009年に承認された。

日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増える。メラトニンが脈拍・体温・血圧などを低下させることで睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用がある。また朝日を浴びて規則正しく生活することで、メラトニンの分泌する時間や量が調整され、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』メラトニンより引用

ざっくりいうと、メラトニンが増えると眠りやすくなる、という説。でも確約されてない。むしろ人体で調整するものをサプリメントでやってしまっていいのか?というのもあるかもしれません。

3.購入方法

iHerbを利用してます。
下記に僕が使用しているサプリメントの購入URLを用意しておきます。
60個(毎日のんでも2ヶ月分)で800円前後。僕は半分に割って飲むので、更にという感じですね。
そこら辺の睡眠導入のサプリメントなどと比べても圧倒的に格安です。
https://jp.iherb.com/pr/Natrol/23958
※なお、上記URLで購入しても僕は一銭も得しません。

4.いろいろなことが言われているけど個人的に効果あり

サプリメント全般は自己責任という名の下に、食品としての摂取となるので飲みすぎには注意が必要ですが、僕はいまのところこれを飲むことでぐっすり眠れて、なおかつ翌日はすげー爽やかな気分で、新しいパンツを履いたばかりの正月元旦のような気分で起床できます。

調べてみると色々怪しい情報も満載ですが、僕は効果があり、と思ってます。

まとめ

日常的に摂取しているものや利用しているもののなかで、圧倒的なコスパと効果を体感できている数少ないサプリメントなので、ご紹介しました。
色々なサプリメントを摂取していたのですが、実感として湧くことができたのはこれと亜鉛くらいなもんですかね。

亜鉛は「もう一回!!」「あと一踏ん張り!!」というときに普段から飲んでるといけますが、飲んでないとやっぱり無理ってなってわかりやすいです(お)



あわせて読みたい