2020年はWebアクセシビリティ思考の年

あけましておめでとうございます。
2020年はなんだか特別な年になる予感がするきりの良い数字ですね。

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中のラーメン好きの味方、ma-sanです。

今回は初心にかえって「Webアクセシビリティ」についてどのような思考が必要なのか、ということを書いていきたいと思います。

アクセシビリティとはなにか、というところについてですがアクセシビリティという言葉そのものが非常に広義な意味を含みますので、ここでは「Web」に関することにフォーカスをあてます。

題して

Webアクセシビリティ思考

Webアクセシビリティ思考とは、「誰でも様々な環境からWebにアクセス可能にする思考」をWebアクセシビリティ思考と定義します。
実際のロジックなどは後々公開、というかどんどん考えていきたいと思いますが、可能な限り多くの方々、なおかつWebの専門知識がなくても届くように工夫しようと考えています。

今年もよろしくお願いいたします。



あわせて読みたい