Webサイトが「キーボードだけでも操作ができるか」と「画面が表示されなくても利用できるか」という視点

夜、寝る直前はVoiceOverでTwitterやFacebookを聞きまくったり読書(聴く?)したりしてます。

みなさんこんばんは。
宮城県仙台市にてWebのちからで様々な情報にアクセスしやすくし、様々なパフォーマンス改善をしちゃったりする時にはWebディレクター、時にはWebプランナー、時にはWebエンジニア、時にはWebデザイナー。
世界中の「インターネットに囚われた人々」の味方、ma-sanです。

同じWeb業界で働く、制作者でも「キーボードだけでも操作ができるか」と「画面が表示されなくても利用できるか」という視点を持たない、もしくはそんな発想したことがなかった、という方とよく遭遇します。

よほど変なコーディングをしなければ「キーボードだけでは操作ができない」とか「画面が表示されないと操作ができない」ということはなかなかありませんが、そこらへんに転がっているCSSやJSをコピって持ってきたりすると、「できないことが増えていく」という現象に遭遇していくことが結構あります。

ちなみに、僕がこのブログで使っている「Hueman」やプラグインはけっこーアクセシビリティ的に最悪で、様々なトラップが存在します。
興味のある方はちょっとVoiceOverやTalkBackで操作したり、キーボード(タブキー)などでフォーカスの移動をしてみたりしてみてください。

・アウトラインが表示されない
・Lazy loadが適用されている画像でVoiceOverが詰まる(プラグインのJetpackが悪さしている)
・「ページトップへ戻る」を選択した際、フォーカスがそのまま「ページトップへ」を選択した状態になっている
その他諸々、ちょっと自分のWebサイトだからって適当に運用しすぎでしたね。

というわけで下記、いろいろ修正するか、ゼロからテーマを作ろうか迷ってるところですが、WordPressではなくってVue.jsでやってみようかな、とか思ったりしてます。



あわせて読みたい